読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めふさんの「ほそぼそやってます」

手描きブログはじめました。

ラストオブアス:スニーキング

ゲーム

f:id:mefu3:20160601215443p:plain:h1200

ラストオブアスの戦闘の基本はスニーキングです。敵に気づかれないように静かに背後から近づいて絞め落としたりするアレですね! 大好きですよ!スニーキング!(※もちろんゲームに限っての話です)

一応、銃撃戦をしたり、正面から真っ向勝負挑むこともできるのですが、いかんせんラストオブアスは、

  • 手に入る弾の数がすごく少ない。
  • そもそも素手で倒せない敵がいる。
  • 近接の武器もあるにはあるけど、耐久があるので何度もは使えない。

というシビアな状況なので、必然的になるべく戦闘自体を避けるか、スニーキングで倒していかないといけません。(ゲームが進行するにつれて使える道具の種類が増えるので、いろいろ選択肢が増えていきますけどね)

ところで、ラストオブアスは荒廃してしまった世界舞台なので、いたるところに「レンガ」とか「ビン」が落ちています。これを使って進んで行くのがなかなかアクセントになっていて、このゲームの楽しいポイントの1つだと思います。

  • レンガやビンは壁や地面に投げると音がするので、わざと音を発生させることでそこに敵を誘導したりできます。
  • 素手で倒せない敵もレンガなら殴って倒せます!
  • それから、レンガやビンを投げる時は、結構いい感じでロックオンしてくれるので敵の顔面ぶつけてひるんだ隙に近づいて締め落としたり!!なかなか後ろを向いてくれない敵にはスゲー便利です。

そんなわけで、ラストオブアスではレンガすごい重要です。単なるレンガをこれほど重宝するゲームが他にあったでしょうか?! きっとプレイし終わる頃にはこう言ってることでしょう。「レンガ万歳!レンガ万歳!!」…と。